から




2-9 Edit

技術士の義務に関する規範として,技術士法第4章の規定がある。次に掲げる技術土法第4章を読み,ア)〜エ)の説明について,正しいものは○,誤りは×として,最も適切な組合せを(1)〜(5)の中から選べ。なお,技術士等とは,技術士及び技術士補を指す。

  • 技術士法第4章 技術士等の義務
    • (信用失墜行為の禁止)
      第44条 技術士又は技術士補は,技術士若しくは技術士補の信用を傷つけ,又は技術士及び技術士補全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
    • (技術士等の秘密保持義務)
      第45条 技術士又は技術士補は,正当の理由がなく,その業務に関して知り得た秘密を漏らし,又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなった後においても同様とする。
    • (技術士等の公益確保の責務)
      第45条の2 技術士又は技術士補は,その業務を行うに当たっては,公共の安全,環境の保全その他の公益を害することのないよう努めなければならない。
    • (技術士の名称表示の場合の義務)
      第46条 技術士は,その業務に関して技術士の名称を表示するときは,その登録を受けた技術部門を明示してするものとし,登録を受けていない技術部門を表示してはならない。
    • (技術士補の業務の制限等)
      第47条 技術士補は,第2条第1項に規定する業務について技術士を補助する場合を除くほか,技術士補の名称を表示して当該業務を行ってはならない。
      2 前条の規定は,技術士補がその補助する技術士の業務に関してする技術士補の名称の表示について準用する。
    • (技術士の資質向上の責務)
      第47条の2 技術士は,常に,その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ,その他その資質の向上を図るよう努めなければならない。
  • ア)技術は日々変化,進歩している。技術士は,名称表示している専門技術業務領域を能力開発することによって,業務領域を拡大することができる。
  • イ)技術士は,自分の有能な領域の能力を維持するためにも,継続的な能力開発が必要である。
  • ウ)技術士は,公衆の安全,健康及び福利を最優先とする技術系学協会の倫理綱領を遵守する限りにおいては,技術士法で定める義務から免れる。
  • エ)技術士は,所属する組織の業務について秘密保持義務があるが,リストラにより退職してその組織を離れた後は,その秘密保持義務に制約されることはない。
(ア)(イ)(ウ)(エ)
(1)×
(2)××
(3)×××
(4)××
(5)××

memo Edit

Link Edit


Tag: 技術士法



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:15 JST (2917d)