から




IV-12 Edit

マイクロプロセッサアーキテクチャに関する次の説明のうち,最も適切なものを選べ。

  1. CISC方式は,個々の命令を単純化することによりパイプライン処理の効率を高め,処理能力の向上を図っている。
  2. パイプライン段数を増加させることで,ある程度の段数までは全体としての処理能力を向上させることができる。
  3. スーパースカラ方式では,並列化を考慮してプログラムをつくらないと正常に実行できない。
  4. VLIW方式は,コンパイラ技術に頼らずにハードウェアだけで十分な性能を引き出すことができる。
  5. RISC方式は,命令セットを高級言語に近づけ,複雑な処理を高速に実行できるようにして,処理性能の向上を図っている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:09 JST (3096d)