から




IV-34 Edit

文字コードに関する次の記述のうち,最も不適切なものを選べ。

  1. 1983年に改正されたJIS漢字コード(JIS X O208:1983)では,いくつかの漢字の字形が1978年の版(JISXO208:1978)から変更され,字体の入替えも行われた。
  2. 1983年に改正されたJIS漢字コード(JIS X O208:1983)と,1990年に再改正されたJIS漢字コード(JIS X O208:1990)のどちらを採用するかによって,丸付き数字やローマ数字などについて,コンピュータによって表示がおかしくなる場合がある。
  3. 2000年に制定されたJIS漢字コード(JIS X O213:2000)では,第3水準や第4水準の漢字も定められている。
  4. 1990年のJIS漢字コードでは新たに補助漢字も制定された(JIS X O212:1990)が, あまり普及することはなかった。
  5. JISの国際符号化文字集合として制定されたUnicode(JIS X O221-1:2001)のCJK統合漢字(CJK Ideograph)では,異体字の機能が定められており,漢字の異体字を選択するのに用いられている。

memo Edit

Link Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:06 JST (3096d)