から




IV-32 Edit

以下のデータベースのログが記録されていた。undo/redo方式を採用したシステム障害後の回復リスタートの手順として,最も適切なものを1〜5の中から選べ。ここで,[b,T]はトランザクションTの開始,[w,T,X]はトランザクションTによる領域Xへのwrite操作,[c,T]はトランザクションTのコミット操作を表す。

[b,Tl],[w,T1,A],[b,T2],[c,T1],[b,T3],[w,T3,B],
[w,T2,C],[w,T3,D],[c,T2]
  1. [w,Tl,A]と[w,T2,C]のundoを行う。
  2. [w,Tl,A]と[w,T2,C]のundo処理を行い,つぎに[w,T3,B]と[w,T3,D]のredoを行う。
  3. [w,T3,D]と[w,T3,B]のundo処理を行い,つぎに[w,T1,A]と[w,T2,C]のredoを行う。
  4. [w,T3,D]と[w,T3,B]のredo処理を行い,つぎに[w,Tl,A]と[w,T2,C]のundoを行う。
  5. [w,Tl,A]と[w,T2,C]のredo処理を行う。

memo Edit

Link Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:06 JST (2918d)