から




IV-16 Edit

コンピュータの仮想記憶における次の説明のうち,最も不適切なものを選べ。

  1. 仮想記憶方式とは,実アドレス空間よりも大きな仮想アドレス空間を作る方法である。
  2. 仮想記憶方式を用いると,実装されている実記憶容量を気にせずに大きなプログラムを処理させることができる。
  3. 仮想記憶方式を使えば,メインメモリの容量を小さくしてもCPUの性能の低下を防ぐことができる。
  4. 仮想記憶のページングアルゴリズムであるLRU方式は,プログラムの局所性が高いときは,ページイン,ページアウトを減らすことができる。
  5. マルチタスクのOSでは,通常,仮想空間を複数もった多重仮想アドレス空間方式を実装している。

Link Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:02 JST (3096d)