から




IV-14 Edit

CPUの命令実行制御とは,命令の読み出しから実行までの一連の流れを制御することをいう。(A)〜(G)は,命令実行制御の処理ステップである。

  • (A)命令のデコード
  • (B)命令のフェッチ
  • (C)オペランドのアドレス計算
  • (D)オペランドのフェッチ
  • (E)結果の格納
  • (F)命令の実行
  • (G)割り込みの検出処理

各処理ステップの流れが最も適切な順番に並んでいるものを次の中から選べ。

  1. (A)→(B)→(C)→(D)→(E)→(F)→(G)
  2. (A)→(C)→(B)→(D)→(F)→(E)→(G)
  3. (B)→(A)→(C)→(D)→(F)→(E)→(G)
  4. (B)→(A)→(F)→(D)→(C)→(G)→(E)
  5. (D)→(C)→(B)→(A)→(F)→(G)→(E)

memo Edit

Link Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:19:01 JST (3162d)