から




IV-26 Edit

通常,大きなシステムはモジュールに分割して実装される。このモジュール分割の評価基準の説明として,最も不適切なものを選べ。

  1. 個々のモジュールの凝集度(cohesion)または強度(strength)は強いほどよい。
  2. 機能的な関連は弱いが実行する時間が近い機能群を一つのモジュールにまとめる方法は避けた方がよい。
  3. モジュール間の結合度(coupling)は強いほどよい。
  4. モジュール間で共通にアクセスできるデータを介して情報をやり取りする方法は避けた方がよい。
  5. 一方のモジュールが他方のモジュールの内容に直接アクセスする方法は避けた方がよい。

Link Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:54 JST (3094d)