から




IV-24 Edit

プロセス評価に関連するCMMI(能力成熟度モデル統合)では,プロセス改善における進化の段階を表現する方法として,5段階の成熟度レベルが設定されている。以下の項目のうち,その説明として最も不適切な項目を選べ。

  1. 成熟度レベル1では,通常,プロセスは場当たり的で無秩序である。通常,組織は安定した環境を提供しない。
  2. 成熟度レベル2では,組織のプロジェクトは,要件が管理され,かつプロセスが計画され,実施され,測定され,そして制御されることを確実なものにしている。
  3. 成熟度レベル3では,プロセスは,特性が十分に明確化され,理解され,そして標準,手順,ツール,および手法の中で記述されている。
  4. 成熟度レベル4では,全体的なプロセス実績に著しく貢献するサブプロセスが選択される。これらの選択されたサブプロセスは,統計的技法およびその他の定量的技法を使用して制御されている。
  5. 成熟度レベル5では,プロセスは,最終的に完成した最適なプロセスとして確立している。

Link Edit


Tag: CMM



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:54 JST (3161d)