から




IV-7 Edit

あるパイプライン化されたCPUは,通常の命令は1クロックで実行可能であるが,メモリからデータを読み込む際に1クロック,分岐命令を実行する際に1クロックストールする。このCPUが下に示すプログラムの一部を実行した場合の平均命令実行クロック数を計算し,最も近い値を次の中から選べ。

	LDI R1, #10
	LDI R2, #100
	LDI R3, #0
Loop:    LD R4,(R2)
	ADD R3, R3, R4
	ADDI R2, R2, #4
	SUBI R1, R1, #1
	BNEZ R1, Loop
END:

各命令の意味は以下の通りである。

LDI
Rx,#Y: レジスタRxに値Yを格納する。
LD
Rx,(Ry): Ryの内容が示す番地のデータをメモリから読み出し,Rxに格納する。
ADD
Rx,Ry,Rz: Ry+RzをRxに格納する。
ADDI
Rx, Ry,#Z: Ry+ZをRxに格納する。
SUBI
Rx,Ry,#Z: Ry-ZをRxに格納する。
BNEZ
Rx,label: Rxが0でなければlabelに分岐する。
  1. 1.22
  2. 1.28
  3. 1.32
  4. 1.38
  5. 1.41

memo Edit


Tag: 計算問題 パイプライン



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:41 JST (3013d)