から




IV-22 Edit

ソフトウェアの分析・設計において用いられるユースケースの説明として誤っているものを選択せよ。

  1. Ivar Jacobsonは開発方法論の中でユースケース駆動型アプローチを提唱した。
  2. ユースケースはユーザがシステムを使用するときのコマンド名とパラメータのデータ型を規定する。
  3. UMLで規定した記法の中にユースケース図がある。
  4. ユースケースは一般にだ円で図式表現されることが多い。
  5. システムの外部からユースケースを実行するものをアクターという。アクターは人間の場合もあるし,外部のシステムのこともある。

Link Edit


Tag: UML



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:37 JST (3094d)