から




IV-19 Edit

ソフトウェア開発に関連するCMMに関して,誤りのある記述を選べ。

  1. CMMは,Capability Maturity Modelの頭文字をとったものである。
  2. CMMは,米国国防総省の要請でCMUのSEIで開発されたものである。
  3. プロセスの成熟度のレベルとして5段階が設定されている。
  4. 当初はソフトウェアの開発プロセス改善の指針を示すものであったが,その後,ソフトウェア以外を対象とするものも提案されたので,ソフトウェアを対象とするものはSW-CMMと呼ばれる。
  5. CMMIは,ソフトウェアとシステムエンジニアリングとソフトウェア調達の3種類のCMMを統合したものである。

memo Edit

Link Edit


Tag: CMM



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:37 JST (3162d)