*I-5-1 [#n3d80530]
感覚で分かるサービス問題。目的くらいは覚えておいた方が良いかも。

-(目的)~
''第一条'' この法律は、地球温暖化が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼすものであり、気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止することが人類共通の課題であり、すべての者が自主的かつ積極的にこの課題に取り組むことが重要であることにかんがみ、地球温暖化対策に関し、京都議定書目標達成計画を策定するとともに、社会経済活動その他の活動による温室効果ガスの排出の抑制等を促進するための措置を講ずること等により、地球温暖化対策の推進を図り、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するとともに人類の福祉に貢献することを目的とする。 

**[[地球温暖化対策の推進に関する法律>http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H10HO117&H_RYAKU=1&H_CTG=45&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1]] [#e7cb4e89]
-[[Wikipedia.ja:地球温暖化対策の推進に関する法律]]
-(定義)~
''第二条 3'' この法律において「温室効果ガス」とは、次に掲げる物質をいう。 
--一 二酸化炭素 
--二 メタン 
--三 一酸化二窒素 
--四 ハイドロフルオロカーボンのうち政令で定めるもの 
--五 パーフルオロカーボンのうち政令で定めるもの 
--六 六ふっ化硫黄
-(地球温暖化防止活動推進員) ~
''第二十三条'' 都道府県知事は、地域における地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の推進に熱意と識見を有する者のうちから、地球温暖化防止活動推進員を委嘱することができる。 
''第二十三条'' ''''都道府県知事は''''、地域における地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の推進に熱意と識見を有する者のうちから、''''地球温暖化防止活動推進員を委嘱''''することができる。 
-(都道府県地球温暖化防止活動推進センター) ~
''第二十四条'' 都道府県知事は、地球温暖化対策に関する普及啓発を行うこと等により地球温暖化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的として設立された民法 (明治二十九年法律第八十九号)第三十四条 の法人又は特定非営利活動促進法 (平成十年法律第七号)第二条第二項 の特定非営利活動法人であって、次項に規定する事業を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、都道府県に一を限って、都道府県地球温暖化防止活動推進センター(以下「都道府県センター」という。)として指定することができる。 
-(権利利益の保護に係る請求) ~
''第二十一条の三'' 特定排出者は、前条第一項の規定による報告に係る温室効果ガス算定排出量の情報が公にされることにより、当該特定排出者の権利、競争上の地位その他正当な利益(以下「権利利益」という。)が害されるおそれがあると思料するときは、当該温室効果ガス算定排出量に代えて、当該特定排出者に係る温室効果ガス算定排出量を事業所ごとに合計した量(当該量によることが困難であると認められる特別な事情がある場合においては、当該特定排出者に係る温室効果ガス算定排出量を主務省令で定めるところにより合計した量。次条第二項第二号において同じ。)をもって次条第一項の規定による通知を行うよう事業所管大臣に請求を行うことができる。
''第二十四条'' ''''都道府県知事''''は、地球温暖化対策に関する普及啓発を行うこと等により地球温暖化の防止に寄与する活動の促進を図ることを目的として設立された民法 第三十四条 の法人又は特定非営利活動促進法 第二条第二項 の特定非営利活動法人であって、次項に規定する事業を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、その申請により、都道府県に一を限って、''''都道府県地球温暖化防止活動推進センターとして指定''''することができる。 
-(温室効果ガス算定排出量の報告)~
''第二十一条の二'' 事業活動に伴い相当程度多い温室効果ガスの排出をする者として政令で定めるものは、毎年度、主務省令で定めるところにより、事業所ごとに、主務省令で定める期間に排出した温室効果ガス算定排出量に関し、主務省令で定める事項を当該事業所に係る事業を所管する大臣に報告しなければならない。 
-(京都議定書目標達成計画の変更)~
''第九条'' 政府は、平成十九年において、我が国における温室効果ガスの排出及び吸収の量の状況その他の事情を勘案して、京都議定書目標達成計画に定められた目標及び施策について検討を加えるものとする。~
''2'' 政府は、前項の規定による検討の結果に基づき、必要があると認めるときは、速やかに、京都議定書目標達成計画を変更しなければならない。 
''2'' 政府は、前項の規定による検討の結果に基づき、''''必要があると認めるときは、速やかに、京都議定書目標達成計画を変更しなければならない''''。 
-第五章 森林等による吸収作用の保全等~
''第二十八条'' 政府及び地方公共団体は、京都議定書目標達成計画に定められた温室効果ガスの吸収の量に関する目標を達成するため、森林・林業基本法 (昭和三十九年法律第百六十一号)第十一条第一項 に規定する森林・林業基本計画その他の森林の整備及び保全又は緑地の保全及び緑化の推進に関する計画に基づき、温室効果ガスの吸収作用の保全及び強化を図るものとする。
''第二十八条'' 政府及び地方公共団体は、京都議定書目標達成計画に定められた温室効果ガスの吸収の量に関する目標を達成するため、森林・林業基本法 第十一条第一項 に規定する森林・林業基本計画その他の森林の整備及び保全又は緑地の保全及び緑化の推進に関する計画に基づき、''''温室効果ガスの吸収作用の保全及び強化を図る''''ものとする。
*I-5-2 [#q547b1e4]
-[[Wikipedia.ja:酸性雨]]
--酸性雨の原因は化石燃料の燃焼や火山活動などにより発生する硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)、塩化水素(HCl)などである。
-公共用水域の水質汚濁に係る環境基準~
この辺りは環境白書であろうか。。。これ以上の深追いはしない。
--[[Wikipedia.ja:生物化学的酸素要求量]](BOD) 水中の有機物等が微生物の働きによって分解されるのに要した酸素の量で示した水質の指標。
--[[Wikipedia.ja:化学的酸素要求量]](COD) 水中の被酸化性物質を酸化するために要した酸素の量で示した水質の指標。
-[[Wikipedia.ja:シックハウス症候群]]
--家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤(ホルムアルデヒド等)や塗料などに含まれる有機溶剤や、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤、またはそれに類する揮発性有機化合物に影響されているものと考えられている。
-[[Wikipedia.ja:アスベスト問題]]
--[[首相官邸/アスベスト>http://www.kantei.go.jp/jp/asubesto/]]
-[[公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害の防止等に関する法律>http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%b1&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S42HO110&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1]]
--24時間空港:[[Wikipedia.ja:関西国際空港]]
*I-5-3 [#q66508d3]
-[[Wikipedia.ja:グリーン購入]]
-[[Wikipedia.ja:環境会計]]
--[[環境省/環境会計の取組に向けて>http://www.env.go.jp/policy/kaikei/]]
-[[EICネット[環境用語集:「環境監査」]>http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=487]]
-[[環境省/環境報告書>http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/04-4.html]]
-[[Wikipedia.ja:ライフサイクルアセスメント]]
*I-5-4 [#p2cfde41]
-[[Wikipedia.ja:危険]]
--不合格の確率を条件とするものを生産者危険 
--合格の確率を条件とするものを消費者危険
*I-5-5 [#aff216a1]
**[[知的財産基本法>http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%bf&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H14HO122&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1]] [#x673a888]
-(定義)~
''第二条'' この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた''自然の法則''又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。~
''2'' この法律で「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、''育成者権''、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。 
-[[Wikipedia.ja:育成者権]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS