から




IV-2 Edit

アルゴリズムの計算量に関する次の文章のうちで誤っているものを選べ。

  1. あるアルゴリズムの計算量を決めるためには,そのアルゴリズムの基本演算(操作)と,具体的な個々の問題の「大きさ」の定義とを定める必要がある。
  2. あるアルゴリズムの平均計算量とは,問題の大きさが等しいようなすべての入力データに対する,計算量の平均をとったものである。
  3. O(n3)とO(2n2+n2)とは,O-記法つまり漸近計算量としては同じである。
  4. ソート済みの配列で表現された表の二分岐探索の計算量は,最悪の場合も平均の場合も,O(n2)である。
  5. 単純挿入法などのほとんどの単純なソートアルゴリズムの計算量はO(n2)である。

memo Edit

Link Edit


Tag: アルゴリズムの計算量



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:32 JST (3158d)