から




I-5-1 Edit

  • 計算問題。原子量を知らないと計算できないが,感覚で分かると思う。Cの重さを計算して,O2の重さを忘れないように。
    • 原子量
      • H:1
      • C:12
      • N:14
      • O:16
      • S:32

I-5-2 Edit

循環型社会形成推進基本法 Edit

  • (目的)
    第一条 この法律は、環境基本法の基本理念にのっとり、循環型社会の形成について、基本原則を定め、並びに国、地方公共団体、事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、循環型社会形成推進基本計画の策定その他循環型社会の形成に関する施策の基本となる事項を定めることにより、循環型社会の形成に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とする。
  • (定義)
    第二条 この法律において「循環型社会」とは、製品等が廃棄物等となることが抑制され、並びに製品等が循環資源となった場合においてはこれについて適正に循環的な利用が行われることが促進され、及び循環的な利用が行われない循環資源については適正な処分が確保され、もって天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会をいう。
  •  この法律において「廃棄物等」とは、次に掲げる物をいう。
    • 一 廃棄物
    • 二 一度使用され、若しくは使用されずに収集され、若しくは廃棄された物品又は製品の製造、加工、修理若しくは販売、エネルギーの供給、土木建築に関する工事、農畜産物の生産その他の人の活動に伴い副次的に得られた物品(前号に掲げる物並びに放射性物質及びこれによって汚染された物を除く。)
  •  この法律において「循環資源」とは、廃棄物等のうち有用なものをいう。
  •  この法律において「循環的な利用」とは、再使用、再生利用及び熱回収をいう。
  •  この法律において「再使用」とは、次に掲げる行為をいう。
    • 一 循環資源を製品としてそのまま使用すること(修理を行ってこれを使用することを含む。)。
    • 二 循環資源の全部又は一部を部品その他製品の一部として使用すること。
  •  この法律において「再生利用」とは、循環資源の全部又は一部を原材料として利用することをいう。
  •  この法律において「熱回収」とは、循環資源の全部又は一部であって、燃焼の用に供することができるもの又はその可能性のあるものを熱を得ることに利用することをいう。
  •  この法律において「環境への負荷」とは、環境基本法第二条第一項 に規定する環境への負荷をいう。

容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律 Edit

特定家庭用機器再商品化法 Edit

バーゼル条約 Edit

I-5-3 Edit

I-5-4 Edit

I-5-5 Edit

I-5-6 Edit



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 23:18:24 JST (3555d)