から




考慮点 Edit

技術士として相応しい経歴か Edit

  • 技術士の立場
  • 技術士の定義(技術士法):科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務を行う者

参考情報 Edit

技術体験論文との相関 Edit

  • 受験申込書に記入した「専門とする事項」について実際に行った業務のうち,受験した技術部門の技術士にふさわしいと思われるもの
  • シナリオとして考慮すべき点
    • 技術士は、公衆の安全、健康および福利の最優先を念頭に置き、その使命、社会的地位、および職責を自覚し、日頃から専門技術の研鑽に励み、つねに中立・公正を心掛け、選ばれた専門技術者としての自負を持ち、技術士倫理要綱?の実践に努め行動する。
    • 専門技術の権威:技術士は、つねに専門技術の向上に努め、技術的良心に基づいて行動する。また、自己の専門外の業務あるいは確信のない業務にはたずさわらない。
    • 中立公正の堅持:技術士は、公正かつ自由な競争の維持に努める。
    • 他の専門家等との協力:技術士は、その業務に役立つときは、進んで他の専門家、あるいは特殊技術者と協力することに努める。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 07:24:49 JST (3574d)